アップル MacBook(マックブック)とアップル iPod(アイポッド)を使って快適なMacライフを送るための初心者向けに作られているサイト

初心者のためのMacbookとiPodの便利な使い方 > iTunesの設定 > iTunesの設定画面

iTunesの設定

iTunesの設定画面

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!




iTunesの設定をすることにより、iPodへ自動転送、手動転送ができるようになります。


iTunesの設定画面を開くには、iTunes画面の左下のiPodのマークをクリックします。
itunes_ipod.jpg

すると、設定画面が表示されます。


ミュージックの設定

すべての曲とプレイリストを自動的にアップデート
 →iTunesに登録されてあるすべての音楽データをiPodに自動的に転送します。

選択したプレイリストのみ自動的にアップデート
 →ボックス内のリストから、チェックを入れて選択したもののみ自動的に転送します。

曲とプレイリストを手動で管理
 →自分でiTunesのリストから、iPodにドラックして手動で転送します。


チェックマークのある曲だけをアップデート
 →これにチェックをいれておくと、iTunesの曲リストの頭にチェックが入っている物だけを自動転送します。

このiPodの接続時にiTunesを開く
 →接続中のiPodがこのMacに接続したときに自動的にiTunesが起動します。

ディスクとして使用する
 →iPodをハードディスクとして使えるようになります。データの保存ができます。

iPodでアルバムのアートワークを表示する
 →iTunesで曲に割り当ててあるアートワーク(iTMSなどで購入するとついています。CDから追加した曲はアートワークがないので、自分で追加する事になります)をiPodで曲を再生時に画面に表示します。