アップル MacBook(マックブック)とアップル iPod(アイポッド)を使って快適なMacライフを送るための初心者向けに作られているサイト

初心者のためのMacbookとiPodの便利な使い方 > BootCamp > MacbookでWindowsを使うためのキーボード設定

BootCamp

MacbookでWindowsを使うためのキーボード設定

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!




BootCampでWindowsを起動させるとはじめに困るのはキー配列が違うことではないでしょうか?

そこで、ツールを利用してキー配列を変えてMacbookでもWindowsが使いやすくなるようにします。

はじめにremapkeyをインストールします。

次のURLから、Windows Server 2003 Resource Kitをダウンロードします。
  http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=9d467a69-57ff-4ae7-96ee-b18c4790cffd&DisplayLang=en

ファイル名は「rktools.exe」になります。


ダウンロードしたrktool.exeを実行して、ウィザードに従ってインストールしていきます。


インストールが完了したら、「スタート」の中にある「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

名前に「remapkey」と入力し、「OK」をクリックします。

remapkeyの画面が表示されるので、ベースキーボードから、割り当てたいキーをリマップキーボードにドラックします。

変更されると、文字が赤く表示されます。

参考までに私の設定は、F1に「全角半角」キーを、F11に「¥」キーを、F12に「DEL」キーを、右シフトに「_」を割り当てています。

この4キーを割り当てただけで使い勝手がよくなりました。