アップル MacBook(マックブック)とアップル iPod(アイポッド)を使って快適なMacライフを送るための初心者向けに作られているサイト

初心者のためのMacbookとiPodの便利な使い方 > システム環境設定 > Dock

システム環境設定

Dock

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!


Amazonプライム



アプリケーションを起動させる時や、フォルダを開くときに便利な「Dock」の機能について

Dockサイズ
Dockを画面の下や左右に配置しておく場合、あまり大きくても使い勝手がわるいので、小さく表示させたい場合や、画面いっぱいに広げておきたい時など、好みに合わせて大きさを調整できます。

下の画像は、一番小さくした時と、一番大きくした時のものです。

一番小さくした時のDock

一番大きくした時のDock


拡大

拡大は、Dockにあるアイコン上にマウスを置いたときに、アイコンを大きく見せるときにチェックをいれます。

また、最小から最大の調整をすることにより、アイコンの大きさも調整が出来ます。

下の画像は、Dockサイズを「小」、拡大を「最大」にした時のものです。どのアプリを起動させようかすぐに解ります。また、選択されているアイコンの名前も同時に表示されます。

サイズを小、拡大を最大の場合


画面上の位置

画面上の位置を変更する際にここで選択します。

ボタンを押すだけで位置が変わりますので、自分で使いやすい位置を選んでください。


しまうときのエフェクト

このエフェクトについては、実際にどちらかを選んでフォルダやアプリケーションを開いているときに行なってください。

フォルダやアプリケーションのボタンの黄色のボタンを押して確認してください。

スケールエフェクトにするとすばやくDockに格納され、ジニーエフェクトにすると、煙を吸い込むように格納されます。
これもお好みで選んでください。


起動中のアプリケーションをアニメーションで表示

アプリケーションを起動させるときに、Dockにあるアプリケーションアイコンをクリックしますが、そのときに、アニメーション表示にしておくと、アイコンがバウンドします。


Dockを自動的に隠す/表示

普段Dockを使わない時は画面に表示させたくない場合にチェックを入れます。Dockを使うときに「画面上の位置」で設定した位置にマウスをもっていくと「Dock」が現れます。