アップル MacBook(マックブック)とアップル iPod(アイポッド)を使って快適なMacライフを送るための初心者向けに作られているサイト

初心者のためのMacbookとiPodの便利な使い方 > メモリーの増設

メモリーの増設

マック用のメモリをお探しなら楽天市場

メモリーの増設

Macbookの標準メモリ数は、すべて512MBになっています。


普段使う分には問題ないと思いますが、できれば増設をしておくと、快適にMacBookをお使いいただけると思います。

1.83GHz Intel Core Duoプロセッサ  モデル
512MBメモリ(256MB SODIMM×2)


2.0GHz Intel Core Duoプロセッサ モデル
512MBメモリ(256MB SODIMM×2)


2.0GHz Intel Core Duoプロセッサ ブラックモデル
512MBメモリ(256MB SODIMM×2)

以上のように、3種類のMacbookはいずれも、標準では256MBのメモリが2枚で512MB搭載されています。

しかし、それでは物足りないというかたは、以下の手順でメモリを交換できます。
この場合は、同じ大きさのものを2枚入れると、動作が早くなる様です。


Macbookのメモリ増設は、以下の手順で行います。

1.電源を切り、バッテリーを外します。

2.金具のねじをとり外します。
小さいねじなので、頭をつぶさないように気をつけましょう。

CIMG1865.JPG


3.メモリスロットから古いメモリを取り出し、新しいメモリを入れます。

CIMG1858.JPG
レバーをゆっくり手前に引きます。


Macbook用のメモリはこちらの秋葉館でも購入できます

アマゾンでも販売していますので、参考にしてください。

BUFFALO PCメモリ DDR2 533MHz SDRAM(PC4200) 200pin SO-DIMM 512MB

BUFFALO PCメモリ DDR2 533MHz SDRAM(PC4200) 200pin SO-DIMM 1GB


取り付けが完了したら、電源を入れてメモリが認識しているか
確認しましょう。


確認方法:
画面左上のアップルマークより「このMacについて」をクリックします。
すると、このMacのバージョン、プロセッサ、メモリ、起動ディスクの情報が表示されます。

他にも確認するところがあるのですが、ここでは、「このMacについて」で確認します。

メモリは増えていましたか?

増えていれば完了です。

もし、増えていなかれば、もう一度挿入し直すなどして確認してみてください。

それでも増えない場合は、メモリの不良も考えられますので、購入店に相談してみてください。