アップル MacBook(マックブック)とアップル iPod(アイポッド)を使って快適なMacライフを送るための初心者向けに作られているサイト

初心者のためのMacbookとiPodの便利な使い方 > もっと便利に > iPodに直接ファイルを転送

もっと便利に

iPodに直接ファイルを転送

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!




iTunesにファイルを登録しなくても、iPodに直接ファイルを転送することもできます。

Macのハードディスクにファイルを入れておくと、容量がだんだんなくなりますのね。特にビデオファイル。

そこで思ったのですが、外部のメディアにデータを保存しておけばいいのではと。

ということで、特にDVDのファイルは容量も大きいので、Mac本体には入れていません。

外付けHDやCDなどに入れておきます。もちろんiTunesにも登録していません。

DVDからなどは、iPodに入れておきたいものだけファイルを作り、iPodのみにいれています。

DVDのメディアはそのまま保管。

最近、インスタントハンドブレークなるものが出ていますので、iPod用にファイルを変換したら、iPodに転送。

その後はファイルをゴミ箱へ。という流れになっています。

この時に注意としては、音楽と動画はiPodとiTunesを同期させない事。

全て手動で行なえば、iPodをMacに繋いだ時にファイルが消える事もありません。

もし、必要があればiPodの中身をバックアップしておけば、トラブルがあった時でも安心です。

バックアップについてはこちらを参考にしてください。