アップル MacBook(マックブック)とアップル iPod(アイポッド)を使って快適なMacライフを送るための初心者向けに作られているサイト

初心者のためのMacbookとiPodの便利な使い方 > DVDからの変換 > Instant HandBrakeで簡単にDVDをiPodに転送

DVDからの変換

Instant HandBrakeで簡単にDVDをiPodに転送

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!


Amazonプライム



Instant HandBrakeで簡単にDVDをiPodに転送するということで書きますが、とにかく簡単に転送できます。

http://handbrake.m0k.org/のbetaページ(http://handbrake.m0k.org/?page_id=26)からInstant HandBrakeをダウンロードします。

ダウンロードしたイメージデータをダブルクリックし、フォルダを開きます。

Instant HandBrakeのアイコンをMacにコピーします。


コピーしたInstant HandBrakeのアイコンをダブルクリックし起動させます。

準備

起動させると、DVD DriveかDVD Folder / Imageを選択する画面がでてきます。

DVDのディスクをMacに挿入します。または、Imageのあるフォルダを選択します。

拡張子がISOのものを選択してみましたが、これは『OK』でした。

Continueをクリックします。

ディスク内のデータを読みますので、しばらく待ってください。


設定

「Save converted files to:」は保存先になりますので、Movies以外のフォルダに保存したい時は「Other」から保存先のフォルダを決めてください。

「File fomat:」を決めます。
iPod 5G(H.264)かiPod 5G(MPEG-4)を選びます。PSPに転送したい方は「PSP(MPEG-4)」を選んでください。

H.264とMPEG-4はお好みでかまいませんが、コンバート時間はMPEG-4の方が早いようです。

「Picture fomat:」は画面の大きさを決めます。

Fullscreenにした場合は、iPodの画面に合わせて左右の映像が切れ、天地を合わせるようです。

Originalの場合は、左右に合わせるので、横長の画面(DVDの画面)で表示されます。

「Preferred audio:」は音声の設定をします。 EnglishやJapaneseなどがあります。DVDに音声がそのまま表示されているのでしょう。

「Preferred subtitles:」は字幕です。Noneにすれば字幕が表示されないでコンバートされます。Japaneseにすると、日本語字幕を表示してコンバートされます。

ここまで設定したら、Convertをクリックします。

コンバートされたらiTunesに転送されますので、その後iPodに転送してください。