アップル MacBook(マックブック)とアップル iPod(アイポッド)を使って快適なMacライフを送るための初心者向けに作られているサイト

初心者のためのMacbookとiPodの便利な使い方 > DVDからの変換 > HandBrakeでDVDをiPodムービーに変換

DVDからの変換

HandBrakeでDVDをiPodムービーに変換

スマホやTV、PCで、いつでも映画や海外ドラマを見れる!今すぐ無料視聴!


Amazonプライム



HandBrakeを使ってiPodに手持ちのDVDを変換します。
DVDは自分で購入したものを用意してください。著作権等は十分に注意しましょう。


HandBrakeをお持ちでない方は「http://handbrake.m0k.org/」よりダウンロードします。


画面左上の「Download」クリックし、ダウンロード画面を表示させます。


8/25日現在、バージョンは0.7.1です。
Mac OS X用のZIPファイルをダウンロードします。


ファイルをダウンロードする場合は、Stuffit Expanderで開くと、すぐに解凍されフォルダが現れます。


hb10.jpg


フォルダを開くと


HandBrakeのアプリケーションをアプリケーションフォルダに移動しておきます。

hb02.jpg


HandBrakeを起動させます。

hb01.jpg

DVDを選択します。

DVDディスクを入れた場合は、検索されたボリュームに「/dev/rdisk1」選びます。
予め、DVDをリッピングしてある場合は、「DVD Folder / image」を選びます。


Sourceの設定

DVDは設定されています。
Title:は1つしかない場合もありますが。最近は付録のような映像があるため。2つ以上の場合もあります。
ほとんどの場合。本編が一番長いので、それを選びます。
また、本編の時間を予めメモしておいて、選ぶ方が確実かもしれません。


Chapters:
チャプターを選ぶ事ができますが、ほとんどの場合、すべてを選ぶと良いでしょう。


Videoの設定
ここは特にいじらなくても良いです。
ただし、2-pass encoding にチェックをいれると、時間は倍かかりますが、映像がきれいな物をリッピングできます。また、全体の容量も少なくてすみます。


Destiationの設定
File format:は、iPodで使う場合、「MP4 file」を選びます。
Codecs:は、「MPEG-4 Video / AAC Audio」を選びます。
画質を優先したい場合は、「AVC/H.264 Video / AAC Audio」を選びます。
File:は、保存先を選びます。ここで、ファイル名も変更できますので、必要な場合は、変更してください。
また、「ブラウズ」をクリックして、保存先を変更する事ができます。


Subtitles:で、言語を選びます。

Audio:については、「2ch」のものを選びます。
iPodが2chなので、聞きやすくなります。


Picuture settingsをクリックし、iPodの画面サイズ(320X240)にサイズを変更します。
幅が320であればいいので、高さは気にしないでください。
(サイズが大きい場合、iPodに転送できない場合があります)

hb15.jpghb16.jpg


変更したら、「Close」をクリックし、最後に「Rip」をクリックしてリッピングを開始します。

リッピングには時間がかかりますので、そのまましばらく待ちます。

ファイルが保存されたら、iTunesにファイルをドラックして、ファイルをiPodに転送すれば、DVDがiPodで再生できます。




製品版の方が安心という方には、Roxio Popcorn 2 をおすすめします。

Roxio Popcorn 2 の詳細